胃がんリスク検診(ABC検診)について

胃がんリスク検診(ABC検診)のお問い合わせが増えてきました。

現在、磐田市の検診でも採用され、また職場検診でもなさる方が

増えてきているようです。

 

この検診は、血液で将来胃癌になりやすいかどうかを調べる検査です。

胃癌の原因であるピロリ菌の感染の有無と、胃の粘膜の萎縮(老化)の程度を

調べるペプシノゲン検査を組み合わせ、胃の健康度をA・B・C・Dで分類します。

特定非営利活動法人日本胃がん予知・診断・治療研究機構ホームページより
特定非営利活動法人日本胃がん予知・診断・治療研究機構ホームページより

 

手軽な検査である反面、注意すべき点もあります。

 

①現在胃癌があるかどうかは全くわからない。

 →従来の、胃のバリウムや胃カメラの代わりにはなりません。

  食道がんや、最近増加傾向の逆流性食道炎などもわかりません。

 

②A群の判定になっても将来絶対に胃癌にならないとは言えない。

 →ABC検診ではピロリ菌の有無は血液検査で判定されますが、そもそも

  血液検査でのピロリ菌検査は精密さが今ひとつです。すなわち、

  ピロリ菌感染を見逃がされている可能性もあるのです。

 

③ピロリ菌を除菌した人にはやる意味がありません。

 →ピロリ菌に以前感染していた人は、胃癌になる可能性は0にはならず

  必ず胃のバリウム検査や胃カメラ検査を受ける必要があります。

 

このABC検診を受けられた方は、判定結果をぜひ過去に胃カメラをやった

かかりつけ医に見てもらい、今後の方針を判断してもらうのがよいでしょう。

当院では、自費診療にてABC検診を承ります。